自分のお口を守ろう

>

やって損なし

歯磨きについて

ここからは口臭を防ぐための予防方法をご説明いたします。
誰しもが防ぎたい口臭。口臭にならないためには日頃からの対策が重要になってまいります。

まず口臭予防といたしまして毎日の歯磨きが大切になります。
毎日歯磨きを行うことはもちろん、正しい歯磨きが大切になります。歯磨きを雑に行っていてもそれは無意味になってしまいます。効果のある歯磨きを行いましょう。
ご自身の歯磨きが正しい歯磨きかどうかのチェックは歯科医院で行ってくれる場合があります。歯科医院では歯磨き指導も実施している場所もあるのでお口の中のプロにチェックしてもらうと良いでしょう。

また使用する歯ブラシも毛先が開いていないものを使用するようにいたしましょう。
毛先が開いていると上手く歯が磨けないため毛先が開き始めたら交換することなどが必要になります。

唾液を増やそう

次に口臭対策といたしまして唾液量を増やすことが挙げられます。
口の中が乾燥してしまうと口臭が発生しやすくなってしまいます。そのため口臭を防ぐためには常に一定の唾液量を保っていなければなりません。さて唾液量を保ち続けるためにはどのようにしたら良いでしょうか。
まず食事の際にしっかりと食べ物を噛むということが挙げられます。食べ物を噛めば噛むほど唾液量は増えていきます。
次にガムなどを噛むようにいたしましょう。ガムなどを噛み続けていると唾液が分泌されお口の中が乾燥するということがなくなってまいります。

次に口に空気を入れないために鼻で呼吸することを心がけましょう。
口を開けると空気が入りお口の中の乾燥に繋がります。しかし鼻呼吸をすることで口を開けず乾燥を防ぐことができます。